エントリーはこちらから♪

MENU

HOME  >  社員インタビュー  >  賃貸事業部 髙田 眞 流通科学大学

SHIN
TAKADA
2019年入社 賃貸事業部  髙田 眞  流通科学大学

満足度の高い
会社

私は学生時代からのスポーツやアルバイトの影響で、人見知りをしない性格でした。人と話すことが好きなのでこの長所を活かせる仕事を探していたら、成都不動産に出会いました。
不動産というと専門的な知識が必須でハードルが高いように思いますが、成都不動産は「研修制度」も充実しており、未経験の方も心配ありません。さらに、不動産は縦社会なイメージがある人もいるかと思います。しかし、そんなことはありません。店舗の雰囲気は良く、先輩方は気さくに話しかけてくださいます。私も最初は何もわからず、契約まで一人で行うことが出来ませんでしたが、いつも周りの先輩方に助けていただいてました。今の私があるのは尊敬できる先輩方のおかげです。
社員同士仲も良く、プライベートで遊びに行くこともあります。お互いにモチベーションを上げ、高めあっていくことができる従業員の満足度の高い会社です。

人として、営業マンとして
成長できる

入社当時と比べて、成長を感じる点は3つあります。1つ目はお客様が求めている物件がわかるようになりました。最初のころはご希望の条件のポイントを把握できず、多数のご提案をしていましたが、様々なお客様とのかかわりで身につけることができました。
2つ目は問題解決能力です。貸主様と借主様の間に立つ仲介業者だからこそ、責任力が強くなると感じています。
最後に素直な人になりました。昔は意地っ張りな部分がありましたが、自分が変わってから周りの人も優しく接してくれていると感じています。まさに「笑う門には福来る」で、接客業にも活かされます。新人でも活躍できる実力主義の会社。会話が好きな人・人の為になる仕事がしたい人は成都不動産がおすすめです。

一覧に戻る